インドア凡人ログ

基本的にネタバレに配慮しません。アイドル(ほぼハロプロ)、漫画アニメゲーム、本、ごはんその他の話

残酷で異常[映画感想]

残酷で異常をみた。

自分も見る前に気になったので最初に書いておく。アマプラでホラーにもカテゴライズされていたのでちょっとビビりながら観た。個人的にはホラー的表現は少なめに感じ、トイレに行けなくなるようなシーンはなかった。

 

以下の段落からネタバレを含むかもしれない。未鑑賞の場合読むことをお勧めしません。あとWikipediaにプロットが全部書いてあるパターンなので、鑑賞前にWikipediaのページを見ることもお勧めしません。(2021/2/13現在)

 

割と訳の分からない世界に巻き込まれる話だが、最終的に起源もルールも目的も詳らかにはならない。キリスト教文化圏に暮らしていれば、この地獄が何なのかをもっと感じ取りやすいのかもしれないと思った。

ただ1番の見どころは原因ではなく解決とその目的や手段の方にあるので、モヤモヤはしていない。約1時間半というコンパクトな長さで過不足なくまとまっているところが綺麗な映画だった。*1予算が多くなさそうだけど、世界のチグハグ感もない。

 

このスマートな作りが1番の特徴だと思うが、それ以上に目立つのがエドガーのハラスメント気質。画面からバリバリに伝わってくる。中盤以降に、他の登場人物の目線でストーリーが展開するシーンがある。あるけど、これがなくても割と最初の方から、ハラスメントの臭いが凄い。陰鬱とした色遣いもあり、グラデーションする人間臭さもあり、確かに解決もしたけど、最後まではっきりと明るい気分にはならない。寧ろエドガーが満足げでびっくりした。すげーなあんた……終始灰色の空気感がある作品だった。

 

インターネットで検索すると本当に至るところに感想として書かれているのだが、『残酷で異常』という邦題が多大な誤解を産んでいるような気がしてならない。スプラッター的な何かではない。

原題からの直訳だから決して間違っていないのだと思うが、漢字の熟語で"残酷""異常"とくるとやはりスプラッターホラーサイコスリラー的なものを想像してしまう。

*1:2時間を超える映画を観る体力がない時は1時間半くらいの映画を探すことがあるので、そういう検索条件かカテゴリーを作ってほしい。