バヂザンデのほし

基本的にネタバレに配慮しません。アイドル(ほぼハロプロ)、漫画アニメゲーム、本、ごはんその他の話

怒り[映画感想]

怒りを観た。

ネタバレを含む。

 

ジャンルとしてはミステリーやサスペンスにも分類されているが、なんとなく、この3人の中の誰も犯人ではないのではないか?と思いながら観た。警察が中盤に登場するまでは。

この映画が事件の真相を解き明かすことや犯人の心理を追うことに重きを置いているとは思えなかったからだ。ただ、犯人を知りたくなる気持ちも正直ある。終盤で判明してスッキリもするが、分からないままでも然程モヤモヤはしなかっただろうと思う。

 

では何を見る作品なのかと言うと、近くに指名手配犯に似ている人がいる、と思っている人たちの葛藤だ。

だからストーリーの流れやプロットからはみ出す勢いで、個人の有様をぶつけられるような感覚があった。元々映画に限らず何でも、全体を見るのが不得意というのもあってそう見えているのかもしれない。指名手配犯という繋がりがあるということが頭の片隅にあったくらいだった。

 

当然、俳優の演技の比重が大きくなる。凄みがあった。宮崎あおいの小動物みたいに大きい黒目が怖かった。迫真の人間は怖い。この人の目の前に立っているのが自分だったら応えられるだろうか、という怖さだ。池脇千鶴は登場回数は多くないものの、加えて鋭さがあったので洋平(渡辺謙)が気の毒だった。田代くん(松山ケンイチ)はもう戻らない気がしていたので意外だった。よかったよかった。

妻夫木聡は登場人物としてのキャラクターを感じさせない人間になっていた。序盤の暴力的なシーン*1では何を考えているのかよく分からず怖さを感じ、そういうキャラクターなのかもと思ったが薄れていった。直人(綾野剛)はもう先が短いなら多少教えたれよと思わないでもなかった。最も犯人っぽくなかったが、最も謎が多く、人に話したくないことが多いと周囲からこんな風に見えるのだなと思った。

そして文句なしに怖かった森山未來。他人を緊張させるのが得意な人なんだろうか。爆発してるシーンより爆発寸前みたいな時が一番怖い。トチ狂ってる演技って陳腐になりがちだと思うのだが、本当に怖かった。

*1:『デッドライン』で読んだヤリ部屋ってこういう場所だったのか……と思った。